09
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

シュシュとマスク 完成品

シュシュ完成品

今回は女子がシュシュ、男子がマスクを作りました☆
シュシュとマスク、全員が1つ以上完成しましたよ~!
わ~パチパチやったね!
小学校1年生の初めて参加さん達も、針と糸を上手に使って、本当によく頑張りました~(^▽^)/エライッ☆

今回は子供の部ではいつもよりたくさんの子ども達が参加してくれましたので、2日に分かれて作業しました。
たまたま小学生がほぼ1~2年生の組と、3年生以上の組とに分かれたのですが、これが良かったみたいです!
やはり年齢のバラつきは作業の進み具合に開きが出てしまうので、悩みでした…。
そういう意味で、今回は作業スピードや説明のボキャブラリーやギャグの通じ具合(笑)がスムーズだったと思います。

低学年の子たちの作業風景。男の子がたくさん参加してくれました☆
シュシュ作業風景-Kids低学年

高学年の作業風景はいつも通り写真を撮る余裕がありませんでした…残念!
本当は高学年の組だけで、もう少し小人数に分けてあげて、ゆっくりと手元を見てあげたかったのですけどね~…。
ん~、追々、対策を練りますね!追々でごめんね!

今年はプレ期間のつもりで少人数ではじめましたが、だんだんとお友達が増えて、ますます楽しくなり、部長さんは嬉しい悲鳴です☆
たくさんの部員ママさん達にご協力をいただいており、本当に感謝がつきません。
いつもありがとうございます!

そして、せっかく参加してくれる子供たちを、また参加したいと思ってもらえるよう、ちょっと狭くて、なかなか目が行き届かない分、準備や進行に創意工夫と、雰囲気作りに配慮して、つくろう会を飽きさせない空間にしていきたいと思いま~す。


さて、そのキッズの部ですが、まずはバタバタの月曜日!
3年生以上の女子たちと男子は1年生と年長さん(ママ付き)の作品です。
シュシュ作品9月10日の会

ほら上手に出来てるでしょう~~?
普通に買ったみたいにかわいいですよね~☆
まだまだ針仕事初心者の子ども達、50cmのなみ縫いを頑張りましたよ!
とっても丁寧に縫い目を合わせる子や、大胆にザクザク潔く進む子(笑)、手早く1つ作ると後は家で作るように生地の裁断に専念する子など、またそれぞれでしたね~。

今回は復習も兼ねて、家でも作りたい方には生地とゴムをお持ち帰りしていただきました。
シュシュはいくつあっても使えますからね!
出来た人は見せに来てね~☆

さてこの日の男子は、また器用にマスクを縫ってくれましたよ~。
今回マスクの型紙は色々とググッた結果、一番シンプルな作り方を参考にさせていただきました。
(作り方で型紙も載せていきますので少々お待ち下さい)
しかしながら、ゴムを通す時にゴム通しが中の生地にひっかかりやすいということで、せっかく後はゴムを通すだけなのに、なかなかゴムが通らない小1男子はイライラ…。だよね、設計甘かったね!ゴメン!
ようやくゴムが通って完成した時には、満面の笑みでした!
この教訓を生かして、水曜日の会へ~。


その水曜日のキッズの部の作品です。
小学1~2年生の男女と、年長さん(ママ付き)です。
シュシュ作品9月12日の会

この日は男子の方が多かったです☆
見てください、カッコイイでしょ?このマスク達ったら!
そしてこれまた男子の優秀なこと~!!!
まず集中力がある!
手先がとても器用!
そして文句を言わない!(これ大事!笑)

作ったマスクを身に付けて、得意げ~~
翌日、給食当番で使って評判が良かったとのご報告もいただきまして、部長さん嬉しい~です!

あ、しかしながら、全面的にマスクの方はアシスタントママさんにお任せしっぱなしでした!
スミマセン!ありがとうございます!

そして、この日の女子ですが、1~2年生ですよ?このシュシュを作ったのは!
すごいでしょ?50cmも縫いましたよ~!
しかも、本当に黙々と集中してやる子が多く、初めて針と糸を使ったという子の縫い目のきれいなこと!
また前回のピンクッションで初めてさんだった子達の今回の成長ぶりにびっくり!!!
なんだろ?むちゃくちゃ嬉しいんですけど!
ん~、なんか本当に子ども達から貴重な何かを教わってる~…。

1~2年生の女子達は、1つ出来ただけでも本当に素晴らしい事ですし、家でもう一つ作るとなるとまだ1人で作るのは難しいと思うので親御さんの負担も考え、あえて材料のお持ち帰りは勧めませんでした。
でも、成果物が一つだけじゃ、やっぱりちょっと寂しかったんじゃないかしら~とも思いました。
ところが、アシスタントをしていただいたママさんに、「ものづくりは達成感だよね」というお言葉をいただき、苦労した後の子供たちの自慢げで満足そうな笑顔を思い出し、本当にそうだな~と痛感いたしました。
数や、完成度ではなく、達成感!
できたっ!という達成感!
それぞれの達成感!

また、翌日会った子どもたちが早速シュシュをつけて公園で遊んでいたり、先生に自分が作ったマスクだと見せに行ったと話してくれたり、「次は何やるの?」「楽しかった!」などと声をかけてもらうと、私の方こそまさに達成感でいっぱいになります。
準備や時間や色々大変だったりもしますが、み~んなこの達成感へ続く道なんですね。
あ~そっかぁ~…。
部長さん、子供を授かるまでは山登りが大好きでした。
頂上までの辛い長い道も、あの頂上から見る雲海と、澄みきった空気で帳消しになります。
そして、かけがえのないあの大きな達成感!
日々のちっちゃな出来事なんて、どってことないんだって!って。
あ~、またあの重たいバックパックを背負って、お山に登りたくなってきました。

おっと、深夜は余談が長くなりますぜ…。


本題に戻りまして~、大人の部の作品です。
2日まとめてどうぞ!

9月13日の会
シュシュ作品9月13日の会

9月20日の会
シュシュ作品9月20日の会

もう大人の部になると、普通にお店に並んでそうですよね!
大人の方達は子供のサイズより30cm前後長く縫ってもらい、幅も広くしたり、レースを挟んでみたり、接続前にネジってみたりと、バリエーションを楽しんでいただきました。
幅をたくさんとったものはゴージャスでしたね~。
レースやパイピングと布の合わせもそれぞれのセンスが出て面白かったですね!

写真はお時間の関係で作業中のものもあり、だいぶ控えめな数になっておりますが、進み方としては、だいたい2個目が完成するかどうかという感じでしたね~。
材料がいっぱいなので、布選びやレースを合わせてると時間が足りませんね~。
なので更にお家でハンドメイドを楽しんでいただけるよう、材料をお持ち帰りしていただきました☆
素敵なシュシュが続々完成してるようですよ。
あれ?
持って帰ったままになってる方、いらっしゃいます?
大丈夫ですか~?
勢いのあるウチに仕上げちゃってくださいね~!
何年も放置することになりかねませんよ~!
やっぱり1人じゃダメだと思ったら材料をお持ちになって遊びに来てね~☆
一緒にやっつけちゃおう!(笑)

今回はシュシュということで、軽い薄い生地を揃えました。
オーガンジー的な透け感のある薄い生地は人気でしたが、扱い難いため裁断も縫製もやっかいですよね。
でも、こうした、ふわりと軽い生地は優しい風合がなんだか女性的で、触れた時に幸せな気持ちになりますよね~。
こういう生地を扱うと、ハンドメイドの楽しさプラス、女子ってやっぱり嬉しいなって思います。
(扱い難いトコロも女性的ですかね?笑)

また今回マスクにはWガーゼを使用しました。
こちらの生地もこの優しいやわらかさが、ベビーを抱いている時の幸せな時間を思い出させてくれます。
大切な大切な守るべき新しい命。
あのやわらかくて優しい時間…。

ただし!
一人目まででしたが!
二人目を産んだ後には、存在しなかったWガーゼな時間…。

おっと、深夜は話が脱線しがちですぜ…


それでは次回もハンドメイド研究部つくろう会をお楽しみに!


シュシュ作業風景-大人
スポンサーサイト

お待たせしました!シュシュやります!

ハンドメイド シュシュ

ハン研つくろう会、今月のハンドメイドはシュシュを作りますよ~☆
お待たせしました~!みんな大好きシュシュですよ~d(*^v^*)b

ちなみにさすがに男子にシュシュは…(・∀・;)…ということで、男子はダブルガーゼでマスク作りま~す☆
これも簡単でとってもオシャレですよ~。

子ども達はピンクッションで初めての針と糸を経験していただきましたので、その延長線でシュシュ作りはとても良い直線縫いの練習になると思います。
基本的なシュシュを好きな布を使って作ってみましょう!

大人の方たちは基本的なシュシュと、そこから1歩踏み出してレースやリボンやパイピングテープなどを挟んだ、より個性的なシュシュを作ってみましょう。

いずれにしても直線縫いだけの簡単な作業です。
ワイワイ喋りながらできるつくろう会にモッテコイのハンドメイドですよヾ(´∀`*)ノぷぷぷっ。

シュシュ作りの楽しさは、単純作業で短時間で完成する満足度、すぐに身に付けられるという実用性と、いくつあっても飽きない可愛らしさだと思います.。.:*・゚☆.。.:*
コーディネートに合わせてお気に入りをたくさん作りたいですね~。

それでは今回もお楽しみに~!

プロフィール

ハン研とりみー部長

Author:ハン研とりみー部長
ハンドメイド研究部の部長です。

小学校4、5年生の頃、近所のママさんが自宅で洋裁教室を開いており、手芸好きだった私はぶきっちょさんだった母の強い勧めで習いに通っておりました。

その時初めて作ったピンクッションは、今も私の即戦力として常に身近な所に待機しております。

後に、祖母に洋裁を習うため通い、色々教えていただきました。祖母が「あらあらしく、かしこ」でいいと言うので、気持ちが楽になって、それが私の軸になっております。ありがとうおばあちゃん!(^^)/

今度は私が誰かのお手伝いを出来ればと思います。


ハンドメイド研究部ホームページ
handmadeken9bu.web.fc2.com

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター