08
:
1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみボタン完成品 2012年8月編



オリンピックイヤーの夏休みということで、色々と暑く忙しかった夏でしたね!
という訳で、今月のつくろう会は、簡単楽しい「くるみボタン」を再開催いたしました。
記念すべきつくろう会第1回の「くるみボタン」では大変好評いただき、とっても楽しい時間を過ごせました☆
小学生から大人までというより、幼稚園生でもママと一緒に簡単に作れるので、長いお休みにはモッテコイのハンドメイドですね!

暑い中たくさんの方達にご参加いただいて、とっても素敵な作品がた~くさん出来て、嬉しかったです。
今回は個性的なハギレもたくさん増えたので、更に楽しさ倍増~~で楽しかったですね!
ハン研部員のママさんからのたくさんの素敵なハギレのご提供もあり、迷っちゃう~という量でしたね~。
感謝ですっ☆

それでは作品をどうぞ!

8月20日のつくろう会作品
0820くるみボタン完成品

8月23日のつくろう会作品
0823くるみボタン完成品

今回は大人も子供も幼児も一緒に2日に分けて制作しましたが、それぞれに柄の取り方や、布選びが興味深く、またまた勉強させていただきました!
いや~、本当にみんなそれぞれ!みんなちがってみんないい!(金子みすずより)

特に、小学6年生男子が2名参加してくれて、彼らの作品にはふむふむなるほど~と関心させられました。
なかなかこの頃の男子の趣味が分からないので、渋カッコイイのや、男子かわいいのや、あ~そういうのもありなのね~と参考になりました!
参加してくれて本当にありがとうね~☆

つくろう会を始めてから、色々な刺激を皆さんからいただいて、本当に若返る思い(笑)で、楽しませていただいておりますが、特に驚いたのは、男子のハンドメイドがけっこうアリなんだな~ということです。
ハンドメイドといってもどうしても手芸よりになりがちで、やはり女子向けな企画を考えてしまいます。
でも、参加してくれる男子達の集中力や目の輝きと、たくましいセンスを見ていると、心の底から拍手したい気持ちになります!
手芸を女子だけのソフトなものに止めておいてはもったいないな~と思いますよね~。
この男子のクリエイティブな感性を生かせる、女子っぽ~いとバカにされない、ハンドメイド研究部でありたいな~と思い、男子の参加がなくても男子の楽しめるものを同時に企画していきたいと思います。

っていうか、手芸する男子はどうも中性的なイメージが強いんですよね(笑)
なので、カッコイイ男子手芸ですな!
最近、モコミチ君効果でしょうか男子スイーツはかなり認可されてますよね。
モテますよ、スイーツ作れるんですから!
もぅ~とろけちゃいますよぅ~(*^^*)
というコトは、編み物できたり、裁縫できても、堂々とモテるハズですよ!
そりゃ~もう芯からあったか~くしてくれますよぅ~(*^^*)
ま、ちょっと、この時期は暖められると暑すぎますが…。

それでは次回のハン研つくろう会もお楽しみに☆


くるみボタンの作り方は前回のものをご参考になさってくださいね!



スポンサーサイト

またまたサクッとくるみボタン!

くるみボタンお手本

8月の作ろう会は、記念すべき第1回の作ろう会でご好評いただきました「くるみボタン」をまたまた楽しもうと思います☆

今月はね~、オリンピックですからね~、忙しいですしね~。
お盆で帰省したり、お出かけしたりで、いないかな~とも思いますしね~。
夏というのは、ジッと忍耐強いハンドメイドには向かないかも~。
などなどの理由で、サクッぽんっと楽しいくるみボタンにしました。
くるみボタン用に新しい布も用意しましたよ~!
ハギレのハギレでファブリックテープを作っていただいてもいいですよ~☆

各々のご家庭でエアコンつけているのも勿体ないので、みんなで集ってハンドメイドしながらちょっとエコしませんか?
涼みにきてくださいね~。

前回の作品もご参考になさってくださいね。
作り方もご参考になさってくださいね。


ピンクッション作り方

ピンクッション作り方

ピンクッション(針山)作りはとっても簡単なので、少しの空いた時間にパパっと出来ちゃいます☆
ぶきっちょさんのちょこっとソーイングや、小学生の最初のお裁縫にもお勧めですよ。

私も小学生の時に習いに行っていた洋裁教室で初めて習ったのがピンクッションでした。
今回のピンクッションはと~っても小さいので、縫う部分も少しですし、縫った部分が全て中に隠れてしまうので、ヘタッピでも全然ダイジョ~ブ!☆-(^ー'*)v
安心してお裁縫を楽しんでみてくださいね。

それでは始めましょう~!
ピンクッション作り方1
布はハギレで充分ですね。
目の粗い布は針を何度も刺したり抜いたりする内に穴が大きくなる恐れがあるので、目の詰まった丈夫な生地で、薄すぎず厚すぎない普通地がいいかと思います。

今回は取っ手のついた小さなカゴで作ります。
カゴの内径が4cmくらい、高さが2cmくらいです。
このカゴ、非常に大きさのバラつきがございまして、出来上がりの針山のコンモリ感に影響が出る結果となりました。でもどのコンモリもかわいく仕上がったので、だいたいで問題ございませんっ!

一番上のドーナツ型の型紙は、直径12cmの輪で中の穴は直径3,7cmにとりました。
くるみボタンでも型紙を使用しましたが、この型紙を作っておくと便利です。

ピンクッション作り方2
はい、アップにすると、いつものように荒々しい作りですね!(笑)
この型紙を布の上に載せて中央の穴から見える部分が、出来上がり時にカゴの上にこんもりと見えるピンを刺す部分になります。

ピンクッション作り方3
中央の穴に柄をあわせて、型紙の外周を布に写してください。
この時、中央の穴の部分は写さないでくださいね!

ピンクッション作り方4
線にそって切りま~す。チョキチョキ。
線を描くのも、布を切るのも、縫うのも、全て中に隠れてしまう部分ですので、神経質にやらなくて大丈夫ですよ~。

ピンクッション作り方5
切り終わったら、5mm内側を縫います。普通のなみ縫いです。ぐし縫いとも言いますね。刺繍だとランニングステッチというやつですね。なみなみ、ぐしぐし、ランランランと。一周くるっと縫ってくださいませ~。

ピンクッション作り方6
くるっと出来ましたね?
慣れが必要ですが、なみ縫いは、指貫(ゆびぬき)を使って、左手を前後に細かく動かしながら進むとあっという間にできますよ。
…ですから慣れが必要なわけですが…。

ピンクッション作り方7
少し糸を引っ張ってお椀のような形にしてください。
なんとなく見えてきたでしょ???
ここに綿を詰めますよ~。

ピンクッション作り方8
こちらピンクッション用の綿です。ユザワヤで購入しました。
中綿についてのウンチクはコチラにて

ピンクッション作り方9
綿はけっこうギュウギュウに詰めてくださいね。
こんなに?っていうくらい、ギュウギュウで大丈夫です。。

ピンクッション作り方10
先に形を整えてから詰めるとキレイに丸くなりやすいですね。
布に綿を詰めたら、カゴにはめてみて中綿の量を確認しましょう。

ピンクッション作り方11
綿がパンパンに入ったら、糸をギュ~っとひっぱります。
この時に、糸が切れてしまったり、生地がほつれてしまわないよう注意してくださいね~。

ピンクッション作り方12
そのまま玉止めしてもいいのですが、私の場合は玉止めする前に数箇所縫っておきます。
これで布がほつれたり、糸が切れてもなんとかなります。
こういうところ、どーも心配性でして…。

ピンクッション作り方13
対角線に+か*のように縫っておくと安心だと思います。
この部分は中に隠れてしまいますので、本当にテキトーで大丈夫ですよ!

ピンクッション作り方15
何箇所か対角線に縫ったらギュッと糸を絞ってくださいね。

ピンクッション作り方16
そして玉止めします。

ピンクッション作り方17
玉止めしましたら、余りの糸を切ってください。
クッションを整えます。

ピンクッション作り方18
カゴに手芸用か木工用のボンドをた~っぷりと、縫ってください。乾くと透明になりますので、後でポロッととれないように大胆に縫っちゃってください。
底と側面にも塗ってくださいね。

ピンクッション作り方19
玉止めした部分をカゴの底に押し付けるように、ぶんにゅぅ~と押し込んでください。
ボンドが乾く前なら動きますので、柄の出る位置を調整します。
クッションにシワがよる場合は、針先などで整えると見栄えが良くなります。

ピンクッション作り方20
ボンドが乾くまでは紙の上などに置くと、はみ出したボンドにくっついてしまうかもしれないので注意してくださ~い!

一旦、完成です☆
が、これから楽しいデコデコタイム~☆になりますよ~ん。

ピンクッション作り方21
取っ手や淵にレースをつけて、こちら側にはお花ちゃんを…

ピンクッション作り方22
反対側にはレースでリボンをつけてスイートな感じにしました~。
まち針にもビーズをつけて、完成です☆
か~わい~いじゃな~い?

デコデコは全てボンドでつけてますので簡単で楽しいですよ。
あ、まち針にビーズをつける場合は、まち針の丸い玉の根元にボンドをつけてビーズを針先から通してくっつけてくださいね。ビーズの方にボンドをつけて針に通すと、足跡を残すように針先からずっとボンドがくっついてしまいますので…。

゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

捨てられないかわいいハギレがあったら、小さなかわいらしいピンクッションに形を変えて、お側においてあげてはいかがでしょうか?けっこうイイ仕事してくれると思いますよ~。
私はミシンの時にちょこっとまち針を刺す場所に困っていたので、そこでの活躍を期待しています☆

普通にオブジェとしてもかわいいので、見てるだけでも癒されます~。
ぜひ、お部屋のアイビーの隣あたりに、等間隔でいくつか並べてみてください。
ちょっとかわいい雑貨屋さん気分です♪

それでは次回も嬉しい楽しいつくろう会をおたのしみに~!
☆⌒(*^∇゜)v

プロフィール

ハン研とりみー部長

Author:ハン研とりみー部長
ハンドメイド研究部の部長です。

小学校4、5年生の頃、近所のママさんが自宅で洋裁教室を開いており、手芸好きだった私はぶきっちょさんだった母の強い勧めで習いに通っておりました。

その時初めて作ったピンクッションは、今も私の即戦力として常に身近な所に待機しております。

後に、祖母に洋裁を習うため通い、色々教えていただきました。祖母が「あらあらしく、かしこ」でいいと言うので、気持ちが楽になって、それが私の軸になっております。ありがとうおばあちゃん!(^^)/

今度は私が誰かのお手伝いを出来ればと思います。


ハンドメイド研究部ホームページ
handmadeken9bu.web.fc2.com

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。